熱中症予防に!押さえておきたい「暑さ指数(WBGT)」とは?

太陽と雲 熱中症

ここ数年、毎年のように最高気温が更新され、日本の夏は確実に暑くなっていますね。
気温上昇に伴い、熱中症で救急搬送される人の数も増えています。

夏になると、最高気温にばかり気を取られますが、熱中症を予防する上で、気温よりも重要な数値があります。

それが「暑さ指数(WBGT)」です。

熱中症は知っているけれど、暑さ指数を知らない、とか、聞いたことはあるけれどよく分からない、という人もいるのではないでしょうか?

ここでは、暑さ指数(WBGT) について、詳しく見ていきましょう。
 

暑さ指数とは

正式名称は、「湿球黒球温度(Wet-Buid Globe Temperature)」で、温度・湿度・輻射熱の3つをもとにして計算されます。
単位は気温と同じ摂氏度(℃)で表されます

ちなみに、輻射熱とは、地面や建物からの照り返しのことです。

 
同じ気温でも、湿度が高いと熱中症のリスクが増えます。
これは、湿度が高いと発汗せずに体の中に熱がこもってしまうからです。

このように、気温だけでは判断できないところから暑さ指数が生まれました。

暑さ指数

 

暑さ指数(WBGT)の歴史

1954年(昭和29年)
アメリカで暑さ指数(WBGT)が提案される。
アメリカ・サウスカロライナ州の海兵隊新兵訓練所で、熱中症のリスクを判断するために開発。

1982年(昭和57年)
暑さ指数(WBGT)がISOにより国際基準になる。

1994年(平成5年)
(財)日本体育協会が「熱中症予防の原則およびガイドライン」を発表。

2006年(平成18年)
環境省「熱中症予防情報」サイトが開設され、暑さ指数(WBGT)の情報提供を開始。

2008年(平成20年)
日本気象協会が「日常生活における熱中症予防指針」を発表。

 
このように、アメリカでは60年以上も前にすでに暑さ指数(WBGT)が取り入れられていました。
日本でも、2006年の開始以降、年々情報提供地点が拡大しており、現在は約850か所に増えています。

 

暑さ指数(WBGT)の測定方法

暑さ指数(WBGT)は黒球温度、乾球温度、湿球温度の3種類の測定数値を元に計算されます。
これらは夫々輻射熱、温度、湿度を想定しています。

黒球温度(輻射熱):直径約15㎝の銅板で作られた黒い球体の中に温度計を入れて測定します。

湿球温度(湿度):水で湿らせたガーゼを温度計の球部に巻いて測定します。

乾球温度(温度):通常の気温を測定します。

 
また、暑さ指数(WBGT)は屋内と屋外で計算方法が変わります。

暑さ指数計算方法

この数式をもとに求められた数値により、日常生活、運動、作業者に関する指針が定められています。
WBGTが28℃を超えると熱中症患者の発生率が急増します。

日常生活における熱中症予防指針

日常生活に関する指針

 

熱中症予防運動指針

運動に関する指針

 

職場における熱中症予防対策

作業差に関する指針

 

まとめ

日本気象協会では、毎年4月中旬~10月初旬まで、毎日各地の熱中症情報を発表しています。
環境省 熱中症予防情報サイトでは、暑さ指数メール配信サービスも紹介していますので、ぜひ利用してください。

≫日本気象協会 熱中症情報
≫暑さ指数メール配信サービス

また、スマホの熱中症対策アプリもたくさんありますので、自分に合ったアプリを探してみるのも良いですね。

これらの情報と上記の指針を参考に、ぜひ熱中症対策をしてください。

 
しかしながら、同じ状況下でも、体調や水分補給の状態によって、熱中症になる人もいます。
暑さ指針だけに頼らず、日ごろから熱中症予防に取り組んでください。

≫熱中症を防ぐ3つのポイント

暑い夏を快適に過ごしたい方必見!扇風機付きウエアで今夏は決まり!