熱中症になりやすい生活習慣や性格とは?

夏バテ 熱中症

熱中症になりやすいのは、子どもや高齢者だけではありません。

普通の大人でも、体調や生活習慣、性格によっても熱中症にかかりやすい人がいます。

ここでは、特に注意すべき特徴の人について紹介します。
 

運動不足の人

運動不足汗には、「良い汗」と「悪い汗」があるのをご存知ですか?

良い汗は99%以上が水分で、一緒に流れ出る塩分も少なくサラッとしています。
蒸発しやすいので、体温調節もスムーズに行ってくれます。

悪い汗は、ミネラル分が含まれているため、ベタッとしています。
粘度が高いため、蒸発しにくく、あまり体温を下げることができません。

日ごろから運動している人は、汗腺の働きが活発になり、良い汗がかけるようになります。
体温調節がうまくできるので、熱中症にかかりにくくなります。

一方、運動不足の人は、汗腺の働きが悪く、運動してもなかなか汗をかくことができません。

ところが、いったん汗をかき始めると、ベタベタした汗をダラダラとかき続けます。
これが、いわゆる悪い汗です。

悪い汗は、体温を下げることができない上に、水分・塩分量が不足して脱水状態になり、その結果、熱中症のリスクが高まります。

普段から運動する習慣をつけることが、熱中症予防の第一歩です。

 

体調不良の人

風邪気味風邪や睡眠不足など体調が悪いときは体温調節機能が低下します。
そんな状態では、気温があまり高くなくても、熱中症にかかる場合があります。

また、下痢、発熱、二日酔いの時は、脱水状態になっていることが多く、熱中症になる危険性が増します。

夏風邪や夏バテなどで体力が低下してしまうと、すぐには回復できません。
ちょっとしたことで熱中症を発症するので、無理はしないようにしてください。


暑さに慣れていない人

梅雨明け熱中症は、7~8月に起こるイメージがありますよね。

実は、5~6月も意外と多いんです。

この時期、1日の気温差が大きかったり、急に気温が上がったりすることが良くあります。

そんな時、体が暑さに順応しきれず、熱中症になってしまうのです。

特に、梅雨明けは要注意!

日常的に運動をして汗をかき、しっかり水分を補給する習慣を身につけましょう。


頑張りすぎる人

頑張り屋さん仕事や運動に頑張りすぎる人も注意が必要です。

暑さでちょっと気分が悪いな~とか、のどが渇いたな、とか思っていても、他の人に迷惑をかけるかも、もうちょっとで終わるからとがんばりすぎた結果、熱中症になる危険性があります。

もし倒れてしまったら、周りの人にもっと迷惑をかけることになります。

気持ちに余裕をもって頑張りすぎないように心がけましょう。


朝食を食べない人

朝食抜き人は寝ている間も、呼吸や汗で、体の水分が失われています。
そのため、朝起きた時、私たちの体は脱水状態になっているのです。

朝、水を飲むだけでは、失われた水分を補給しきれません。

朝食も大切な水分補給です。

以前は、利尿作用があるとされていたコーヒーも、現在では水分補給に有効であると認められています。

熱中症予防だけでなく1日の活力を得るためにも、朝食をしっかり食べるようにしましょう。


まとめ

いかがでしたか?

熱中症は、様々な要因によって発症します。
特に、ここに書いている特徴がある人は、熱中症予備軍です。

日ごろから無理をせず、適度な運動と規則正しい生活を心がけ、熱中症に負けない体を作りましょう。

熱中症予防にこちらの記事をどうぞ!
≫熱中症を防ぐ3つのポイントとは