熱中症

熱中症

熱中症予防におすすめの食べ物

熱中症予防といえば、水分補給や塩分補給というイメージがありますが、食べ物でも熱中症対策に役立つものがあります。熱中症対策に必要な栄養素や熱中症予防におススメの食べ物を紹介します。
熱中症

持病がある人や特定の薬を飲んでいる人は熱中症に注意!

糖尿病、腎臓病、心臓病、高血圧などの持病がある人は熱中症にかかりやすいと言われています。また、服用している薬によっては、熱中症のリスクが高まります。ここでは、熱中症になり病気や薬について紹介します。
熱中症

乳幼児や子供は熱中症にかかりやすい!その理由とは!

子どもは、大人と比べて熱中症にかかりやすいと言われています。特に、乳幼児は、重症化しやすく、最悪、死に至るケースもあります。なぜ、子どもは熱中症にかかりやすいのか?その理由と対策を紹介します。
熱中症

意外!熱中症は男性の方がなりやすい!その理由とは?

熱中症患者のうち、約2/3を男性が占めています。中でも、19~64歳では、男性が女性の4~5倍の数字になっています。ここでは、男性が熱中症になりやすい理由について検証してみました。
熱中症

肥満の人は熱中症になりやすいって本当?

肥満の人は、普通の体型の人に比べて熱中症になるリスクが高くなります。その理由として、運動不足、体温が上がりやすい、血流が悪いなどが挙げられます。
熱中症

熱中症になりやすい生活習慣や性格とは?

熱中症になりやすいのは、子どもや高齢者だけではありません。普通の大人でも、体調や生活習慣、性格によっても熱中症にかかりやすい人がいます。ここでは、特に注意すべき特徴の人について紹介します。
熱中症

熱中症予防に!押さえておきたい「暑さ指数(WBGT)」とは?

暑さ指数は、温度・湿度・輻射熱の3つをもとにして計算されます。気温が同じでも湿度が高いと熱中症になる確率が高くなることから、暑さ指数が生まれました。この暑さ指数をもとに、熱中症情報も発表されています。
熱中症

昔はなかった?熱中症が増えた3つの理由

ここ数年、爆発的に増えている熱中症。昔は日射病という言葉しかありませんでしたが、いつの頃からか熱中症にとって代わりました。ここでは、熱中症が増えた3つの理由について紹介します。
熱中症

熱中症予防には運動と牛乳が効果的!

熱中症の予防にはややきつめの運動の直後に牛乳を飲むと効果的です。体内の血液量が少ないと熱中症になりやすくなるので、血液量を増やすと予防ができます。運動と牛乳で熱中症になりにくい体作りをしましょう。
熱中症

室内熱中症は意外と多い!その原因と予防法とは!

熱中症の発症は屋外だけではありません。家の中だからと安心していると意外と温度や湿度が上がっていたり、体調不良で体温調整ができなくなったりすると室内でも熱中症になってしまいます。日ごろから室温調整、体調管理には気を配りましょう。