扇風機はいつからあるの?その歴史とは!

扇風機 雑学

扇風機がなかった時代、風を送る道具は扇子やうちわのような手動のものしかありませんでした。

それが、スイッチを入れると風が送られてくるなんて、今では普通の事ですが、当時としては画期的な発明ですね。
 

江戸時代から扇風機?

うちわ日本では、初めて電気扇風機が発売されるずっと前の江戸時代に、手動の扇風機が作られていました。

複数のうちわを扇風機の羽のように組み合わせ、手で回して風を送るというものでした。

1885年(明治18年)に特許が認められた「納涼団扇車」は、ほぼ現在の扇風機に近い手動扇風機です。


世界初の電気扇風機とは?

扇風機電気扇風機は、19世紀後半にトーマス・エジソンが発明しました。

しかし、エジソンが発明した扇風機は、直流モーターのためコストが高く、一般には普及しませんでした。

1893年に、アメリカのウェスティングハウス社が、交流モーターの扇風機を発売され、その後交流モーター扇風機が主流となっています。


日本での扇風機の歴史

扇風機日本でも、1894年(明治27年)に芝浦製作所という東芝の前身会社から扇風機が発売されました。

アメリカで発売された翌年とは、意外と早く発売されていますね。

この日本で初めて作られた扇風機は、直流エジソン形電動機の頭部に電球をつけ、6枚羽根を使用しており、スイッチを入れると、電球が灯り、風が出るというものでした。

その後1913年(大正2年)、川北電気企業社(現・パナソニックエコシステムズ株式会社)より交流電気扇風機を発売。

1918年(大正7年)、三菱電機、富士電機、日立製作所なども参入し、国産扇風機が量産されるようになりました。

日本の扇風機は、昭和の後半にエアコンが普及するまでは、日本の夏の風物詩として活躍していましたが、エアコンに押され、一時期かなり需要が減ってしまいます。

しかし、節電やエコなどの意識の高まりと共に扇風機が見直され、最近販売台数も増えています。

安いものなら2,000円くらいで購入できますし、エアコンは冷えすぎて苦手という人には、受け入れられています。

また、エアコンと扇風機を併用することにより、設定温度が高めでも快適に過ごすことができると推奨されています。

 

進化する扇風機

羽根のない扇風機現在では、さまざまな扇風機が発売されています。

2009年には羽根のない扇風機、2016年には360°首を振る扇風機や3D立体首振り扇風機も発売されました。

室内の空気を循環させるサーキュレーターを購入する人も増えています。

また、生活環境の変化により、本体価格は高くなるものの、機能性や省電力に優れたDCモーター(直流)扇風機も売り上げを伸ばしています。

その他、扇風機を服に取りつけるという画期的なアイディアで生まれたファン付き作業着も登場し、建設現場や工事現場、工場などでかなり普及しています。

暑い夏を快適に過ごしたい方必見!扇風機付きウエアで今夏は決まり!


まとめ

いかがでしたか?

最近では、今までの安価な扇風機に加え、機能が充実した扇風機、一年中活躍するサーキュレーターなど多種多様になっています。

また、おしゃれなデザインがある一方で、持ち歩けるおもちゃのような扇風機などもあります。

ぜひ、ライフスタイルに合わせて扇風機も選んでみてくださいね。

「早く使えば良かった」の声多数。夏なのに涼しい→その秘密は扇風機が付いたウエア!